NetBet日本語ガイド

【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!

>>NetBetスポーツに登録する<<

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ「井上尚弥vsヨアン・ボワイヨ」

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ「井上尚弥vsヨアン・ボワイヨ」の一戦が12月30日に横浜文化体育館にて開催となります。

 

チャンピオン井上尚弥にとって7度目となる防衛戦で恐らくスーパーフライ級では最後となる試合。

 

今年を締めくくる意味でもスッキリKO勝ちを収めて来年のバンタム級での活躍に向けて華を添えて欲しいと思います。

 

気になる対戦相手の情報を交えて、この試合の勝敗予想を行いたいと思いますが、まずはブックメーカーのオッズから見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

井上尚弥勝利 1.01倍、引き分け 34.00倍、ヨアン・ボワイヨ勝利 17.00倍、

 

ブックメーカー10bet

井上尚弥勝利 1.002倍、ヨアン・ボワイヨ勝利 12.50倍、

 

ブックメーカーnetbet

井上尚弥勝利 1.002倍、ヨアン・ボワイヨ勝利 12.50倍、

 

現在のオッズを見るとチャンピオン井上尚弥が断然の人気を得ています。

 

1倍台のオッズが付く理由としては対戦相手のヨアン・ボワイヨが弱すぎるという一点に尽きると思います。

 

ヨアン・ボワイヨはWBO世界スーパーフライ級6位のフランス人ボクサーで年齢が29歳のベテラン選手となります。

 

戦績は46戦41勝4敗1無効試合で26回のKO勝ちを収め、現在31連勝中と戦績だけなら立派な数字を残しているボクサーなのですが、世界戦はキャリア通じて今回が初めて。

 

直近の試合でも6回戦に出場している程度の実力しかないボクサーなので、本当に井上尚弥の相手が務まるのか疑わしいです。

 

ヨアン・ボワイヨは身長が170pもありスーパーフライ級としてはかなり大柄な体型であることからも、井上尚弥がバンタム級のボクシングを視野に入れての対戦となっただけかもしれません。

 

とすれば、後はチャンピオンのド派手なKO劇といきたいところですけど、今回は早い回でのKO勝利が予想されるので試合序盤から目が離せない試合展開となること間違いないと思います。

 

逆に井上尚弥が手こずるようだと来年の活躍に暗い影を落とすことにも成りかねませんので、スッキリKO勝利を収めて欲しいと思いますね。

 


関連ページ

WBCライトフライ級タイトルマッチ「拳四朗vsヒルベルト・ペドロサ」
日本語対応のブックメーカーNetBetの口座開設から入出金まで日本語で詳しく解説しています。これからNetBetを始める方は当サイトを参考にしてください。