NetBet日本語ガイド

【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!

>>NetBetスポーツに登録する<<

プロ野球レギュラーシーズン開幕

 

 

3月30日にメジャーリーグと同日に日本のプロ野球レギュラーシーズンも開幕を迎えます。

 

昨年の成績を確認するとセ・リーグは広島カープが2位の阪神タイガースに10ゲーム差をつけ圧勝。

 

パ・リーグも福岡ソフトバンクが2位西武ライオンズに13.5ゲーム差をつけ圧勝し、両リーグとも1強状態となりました。

 

日本シリーズはソフトバンクホークスが横浜DeNAベイスターズを破り2年ぶり8度目の日本一に輝いています。

 

果たして今シーズンの優勝争いは何処になるのでしょうか?

 

ではブックメーカーの優勝予想オッズから見ていき、上位チームの戦力を分析していきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

福岡ソフトバンクホークス 3.25倍、広島東洋カープ 5.00倍、横浜DeNAベイスターズ 8.00倍、

 

ブックメーカー10bet

福岡ソフトバンクホークス 3.00倍、広島東洋カープ 5.00倍、横浜DeNAベイスターズ 8.00倍、

 

ブックメーカーnetbet

福岡ソフトバンクホークス 3.25倍、広島東洋カープ 5.00倍、読売ジャイアンツ 7.00倍、

 

ブックメーカー各社のオッズを見るとやはり昨年の覇者ソフトバンクホークスが人気を集めているようです。

 

ソフトバンクホークスは今年、外国人の助っ人選手を含む目立った戦力の補強はありませんけど、一方で主力選手の退団もなく戦力の上積みという点では昨年と変わりないと思います。

 

元々日本一選手層が厚いと言われているチームなので逆に言えば昨年パ・リーグを独走で制した戦力がいい意味で残っているとも取れますから、優勝候補一番手となるのは当然だと思います。

 

続いて2番人気に推されている広島カープもソフトバンクと同様に昨年と戦力が特に変わった印象がありません。

 

元々FA選手を沢山獲るような戦力補強をせず、育成からじっくり選手を育てる球団なので毎年ストーブリーグで派手さは見せません。

 

昨年と変わりない戦力で望めるという事はリーグ優勝はもちろん、打倒ソフトバンクの一番手となるチームと言って良さそうです。

 

そして3番手には6年ぶりの日本一を目指す読売ジャイアンツを推したいと思います。

 

毎年FA選手を取り大型補強でストーブリーグを盛り上げるジャイアンツですが、今年も西武ライオンズから野上投手、中日からセ・リーグ本塁打王ゲレーロ選手を獲得しています。

 

先発投手のマイコラスが退団したのは戦力的にマイナスですけど、代わりにメジャーリーグから上原投手が帰ってきましたが、経験豊富なベテラン投手の加入が若手投手にとって良い影響を与えてくれそうです。

 

今年のジャイアンツは投打に噛み合いそうな印象を受けるので昨年リーグ4位に終わった雪辱は果たせそうな予感はします。

 

以上、人気上位3チームをご紹介しました。

 

戦力的に見ればやはりソフトバンクが有力となるでしょうけど、10月まで続く長いシーズン何が起こるか分かりません。

 

専門家の優勝予想にもソフトバンクがズラッと並びますけど、あっと驚くようなチームの台頭も見れるかもしれませんので開幕戦から目が離せませんね。