NetBet日本語ガイド

【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!

>>NetBetスポーツに登録する<<

WBC世界Lフライ級タイトルマッチ「拳 四朗vs ガニガン・ロペス」

 

WBC世界Lフライ級タイトルマッチ「拳 四朗vs ガニガン・ロペス」が5月25日に大田区総合体育館にて行われます。

 

3度目の防衛戦に挑む拳 四朗の対戦相手は、前王者のガニガン・ロペス。

 

ガニガン・ロペスは昨年5月20日に王座陥落してからの1年間、拳 四朗とのリマッチに向けて準備をしてきたそうです。

 

拳 四朗としても前回は接戦の判定勝ちだっただけに、ここはスッキリとKO勝利と行きたいところでしょう。

 

お互いの手の内は知り尽くしているもの同士の一戦、前王者のリベンジか?或いは現王者が前回対戦時とは異なる実力の違いを見せるのか?興味深い一戦となるでしょう。

 

ではこの一戦の勝敗オッズをブックメーカー3社から見ていきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

拳 四朗勝利 1.296倍、引き分け 23.00倍、ガニガン・ロペス勝利 4.26倍、

 

ブックメーカーnetbet

拳 四朗勝利 1.23倍、ガニガン・ロペス勝利 3.75倍、

 

ブックメーカーw88

拳 四朗勝利 1.23倍、ガニガン・ロペス勝利 3.75倍、

 

現在のオッズを見ると、拳 四朗選手が1倍台のオッズを付けてガニガン・ロペス選手を圧倒しています。

 

前回対戦した時は接戦だったので、両選手のこのオッズの開きは意外でした。

 

このオッズは拳 四朗選手がガニガン・ロペスからタイトルを奪った後、防衛戦を2戦して2勝と充実したシーズンを送っていますから当然ともいえるかも知れません。

 

初防衛戦の相手はガニガン・ロペスに勝ったこともある元王者のペドロ・ゲバラでしたが見事判定で降し、2戦目のヒルベルト・ペドロサは同級11位と下位ランカーではありましたけどしっかりKO勝利を飾っています。

 

年齢的にも26歳とボクサーとして成長著しい拳 四朗だけに前回ガニガン・ロペスと対戦した時とは別人と思った方が良いでしょう。

 

一方のガニガン・ロペスは前回対戦した時から1試合も公式試合を行っていませんし、年齢的にも36歳と肉体的ピークは既に過ぎた選手です。

 

1年経って成長した選手はどちらなのかは言うまでもありませんから、早い回での拳 四朗選手のKO勝利になることも十分考えられる試合となりそうです。


関連ページ

WBCライトフライ級タイトルマッチ「拳四朗vsヒルベルト・ペドロサ」
日本語対応のブックメーカーNetBetの口座開設から入出金まで日本語で詳しく解説しています。これからNetBetを始める方は当サイトを参考にしてください。
WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ「井上尚弥vsヨアン・ボワイヨ」
日本語対応のブックメーカーNetBetの口座開設から入出金まで日本語で詳しく解説しています。これからNetBetを始める方は当サイトを参考にしてください。