NetBet日本語ガイド

【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!

>>NetBetスポーツに登録する<<

F1第10戦イギリスGP2018

 

F1第10戦イギリスGPが7月8日にシルバーストーン・サーキットにて開催となります。

 

昨年はポールポジションを獲得したメルセデスのルイス・ハミルトンがポールトゥーウィンを決め、2位にも同僚のバリテル・ボッタスが入り、メルセデスのワンツーフィニッシュとなっています。

 

イギリスGPは5年連続でメルセデスのドライバーが勝利を挙げていますし、ルイス・ハミルトンは4連覇中とイギリスGPにおいてメルセデスは無類の強さを発揮しています。

 

しかもシルバーストーン・サーキットはメルセデスのホームサーキットですから、力の入れようが他のサーキットと比べても異なりますので今年もメルセデスの勝利濃厚と言えそうです。

 

前日行われた予選でもメルセデスのハミルトンがポールポジションを獲得していますから、へミルトンのイギリスGP5連覇に期待が掛かります。

 

ではF1第10戦イギリスGPの勝敗オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ルイス・ハミルトン 1.57倍、セバスチャン・ベッテル 3.75倍、キミ・ライコネン 8.50倍、

 

ブックメーカー10bet

ルイス・ハミルトン 1.58倍、セバスチャン・ベッテル 3.30倍、キミ・ライコネン 8.50倍、

 

ブックメーカーnetbet

ルイス・ハミルトン 1.58倍、セバスチャン・ベッテル 3.30倍、キミ・ライコネン 8.50倍、

 

現在のオッズを見ると予想通りメルセデスのハミルトンが1倍台のオッズを付けて断トツの人気を得ています。

 

5連覇中のチームに在籍しているドライバーで自身も4連覇中、しかもポールポジション獲得とハミルトンが優勝する下地は十分できていますから人気するのも当然だと考えます。

 

ただ1つだけ心配なのが、前走オーストリアGPでのメルセデスの結果です。

 

オーストリアGPはイギリスGPと同様にメルセデスが得意とするGPの1つで4連覇中と今年も勝利を確実視されていたGPでした。

 

予選では期待通りメルセデスのボッタスがポールポジションを獲得、2位にハミルトンが続きメルセデスがフロントローを独占して5連覇は濃厚だと思われていました。

 

しかし、本戦ではメルセデスの2台がダブルリタイアと精彩を欠き、オーストリアGPの5連覇の夢は潰えてしまいました。

 

メルセデス2台がリタイアした原因が、ボッタスはギアボックスのトラブル、ハミルトンはパワーユニットのトラブルとマシントラブルだったことも気掛かりです。

 

これがドライバーのミスや戦略上のミスによるリタイアであれば気に留めることも無いのですけどマシントラブルだったことが心配です。

 

イギリスGPのシルバーストーン・サーキットは、前走オーストリアGPのレッドブル・リンクほど超高速サーキットではなくマシン負担の少ないサーキットであるものの、F1全体で見ればマシン負担は大きい方です。

 

メルセデスの庭ともいえるシルバーストーン・サーキットですけど、現状のマシンの信頼度を考えればマシントラブルで再びリタイアする事も十分考えられますので、人気程ハミルトンが絶対的ではないと考えています。

 

とすればフェラーリのベッテルに期待が掛かりますけど、ベッテル自身がイギリスGPとの相性があまり良くありません。

 

レッドブル時代の2009年に1勝していますけど、他の年は散々な結果ですし、そもそもフェラーリ自体がイギリスGPとの相性が良くありませんから、メルセデス2機がトラブルを起こした場合、大波乱となる事は確実だと言えます。


関連ページ

ダカールラリー2018
日本語対応のブックメーカーNetBetの口座開設から入出金まで日本語で詳しく解説しています。これからNetBetを始める方は当サイトを参考にしてください。
F1第4戦アゼルバイジャンGP2018
日本語対応のブックメーカーNetBetの口座開設から入出金まで日本語で詳しく解説しています。これからNetBetを始める方は当サイトを参考にしてください。
インディ500決勝2018
日本語対応のブックメーカーNetBetの口座開設から入出金まで日本語で詳しく解説しています。これからNetBetを始める方は当サイトを参考にしてください。
F1第8戦フランスGP2018
日本語対応のブックメーカーNetBetの口座開設から入出金まで日本語で詳しく解説しています。これからNetBetを始める方は当サイトを参考にしてください。