フランス・リーグアン第24節「マルセイユvsメス」

 

 

リーグアン第24節「マルセイユvsメス」の試合が、2月3日にマルセイユのホーム「スタッド・ヴェロドローム」にて行われます。

 

この試合はマルセイユの日本代表DF酒井宏樹とメスの日本代表GK川島永嗣との日本人ダービーマッチとなっています。

 

酒井選手は本職の右サイドバックから左へポジションを移しても本職と遜色ない守備力を披露し、新たな一面を覗かせる活躍を見せています。

 

一方の川島選手も3連続PKストップでリーグアンの記録を作るなど、リーグアンでは両日本人選手の活躍が光っています。

 

直近試合での活躍もあるのでこの試合は両日本人選手の活躍に目が離せない一戦となりそうですね。

 

現在3位と好調なマルセイユが最下位メスをホームに向けえ入れての一戦、大方の予想ではマルセイユが絶対優位となりますけど果たして結果は如何に?

 

ではブックメーカー各社の勝敗オッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカーnetbet

マルセイユ勝利 1.29倍、引き分け 5.60倍、メス勝利 9.50倍、

 

ブックメーカーw88

マルセイユ勝利 1.29倍、引き分け 5.60倍、メス勝利 9.50倍、

 

ブックメーカーbwin

マルセイユ勝利 1.26倍、引き分け 6.00倍、メス勝利 11.00倍、

 

予想通りホームのマルセイユが圧倒的人気を得ています。

 

現在のリーグ順位を見ても分かるようにマルセイユにとってメスは格下の相手となりますから、ましてはマルセイユはホームで戦える優位な立場にあるのでこのオッズは適正だと考えます。

 

しかし順位こそマルセイユが上ですけど直近の成績ではメスも負けていません。

 

メスの直近5試合の成績は3勝1敗1引き分けと好成績ですし、1敗はアウェイの強豪4位モナコ戦での黒星ですから諦めが付く敗戦です。

 

特に前節で6位ニースに勝てたことは今のメスの勢いが本物であることを示していますから、今回もマルセイユ相手に番狂わせを演じる可能性も十分考えられます。

 

対するマルセイユも好調なのが歯がゆいところ、直近の5試合は4勝1引き分けとほぼパーフェクトな成績を収めていますから流石マルセイユといったところでしょう。

 

直近の成績を見ても分かるようにチーム状態が良いチーム同士の一戦ですから、接戦になる事は確実ですけどやはり地力に勝るマルセイユが苦しみながらも最後は勝つと今回は予想します。