イングランド・プレミアリーグ第27節「マンチェスター・シティvsレスター・シティ」

 

 

プレミアリーグ第27節「マンチェスター・シティvsレスター・シティ」の試合が、2月11日にエティハド・スタジアムにて行われます。

 

現在プレミアリーグ首位を独走中のマンチェスター・シティが日本代表FW岡崎所属の8位レスターをホームに迎え入れます。

 

今シーズン両チームは既に2度対戦しており、2度ともマンチェスター・シティの勝利に終わっています。

 

ホームのマンチェスター・シティが絶対有利であることは間違いないですけどレスターの奮闘に期待したいと思います。

 

ではブックメーカーのオッズから見ていきましょう。

 

ブックメーカーnetbet

マンチェスター・シティ勝利 1.22倍、引き分け 6.60倍、レスター・シティ勝利 14.00倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

マンチェスター・シティ勝利 1.235倍、引き分け 7.200倍、レスター・シティ勝利 13.700倍、

 

ブックメーカーbwin

マンチェスター・シティ勝利 1.22倍、引き分け 6.50倍、レスター・シティ勝利 12.50倍、

 

現在のオッズを見るとやはり予想通りホームのマンチェスター・シティが圧倒的優勢となっています。

 

今シーズンの直接対決2試合を見ると、1度目の対戦であったリーグ第12節レスターがホームの試合では2−0でマンチェスター・シティの勝利。

 

2回目に対戦したリーグ杯5回戦のレスターがホームの試合でもPK戦の末マンチェスター・シティが勝利を収めています。

 

2戦ともレスターのホーム試合でありながらマンチェスター・シティの勝利で終わっていますし、今回はマンチェスター・シティのホーム試合。

 

圧倒的優位な状況にあるのはマンチェスター・シティであることは明白です。

 

更に今シーズンのマンチェスター・シティはリーグ戦、FA杯、リーグ杯、チャンピオンズリーグ全ての試合においてホームで負けなしの19勝1引き分けの戦績を収めています。

 

唯一ホーム戦で引き分けた試合もシーズン序盤でまだチームが不安定な状態の頃のリーグ第2節エヴァートン戦ですから今回引き分けることは考えにくいです。

 

レスターも決してチーム状態が悪いチームではありませんけど今回は相手が悪いと思うしかありません。

 

今のマンチェスター・シティからホーム戦で勝ち点を奪うのは至難の業ですし、バルセロナやレアルマドリード、バイエルンミュンヘンでも引き分けに持ち込むことは難しいでしょう。

 

よって今回の勝敗予想はオッズ通りにマンチェスター・シティ勝利を予想したいと思います。