UEFAチャンピオンズリーグ準決勝1stレグ「リヴァプールvsローマ」

 

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝1stレグ「リヴァプールvsローマ」が4月25日にリヴァプールの本拠地アンフィールドにて行われます。

 

両チームは準々決勝で戦前では劣性と予想されたチームでありながら、リヴァープールは同じプレミアリーグ所属のマンチェスター・シティーを破り、ローマは今季三冠を期待された優勝候補の大本命バルセロナを破って勝ち上がってきています。

 

この対戦は34年前に決勝の舞台で戦ったカードと同じで、今回ローマは34年前のリベンジなるのか注目が集まります。

 

そしてリヴァプールのエース、モハメド・サラーにとっては古巣との対戦、現在41ゴール13アシストと今季絶好調のエジプト代表の活躍にも期待しましょう。

 

ではこの一戦の勝敗オッズをブックメーカーにて確認していきます。

 

ブックメーカーnetbet

リヴァプール勝利 1.47倍、引き分け 4.65倍、ローマ勝利 6.65倍、

 

ブックメーカーbwin

リヴァプール勝利 1.48倍、引き分け 4.60倍、ローマ勝利 6.25倍、

 

ブックメーカー21bet

リヴァプール勝利 1.48倍、引き分け 4.53倍、ローマ勝利 6.15倍、

 

現在のオッズを見るとホームのリヴァプールが断然優勢となっています。

 

正直ここまでオッズが開くとは思いませんでしたが、ローマは準々決勝アウェイのバルセロナ戦でも0−3と大敗していましたからこのオッズは妥当と言えます。

 

ローマとすれば今回のアウェイは引き分けで御の字、負けても最少失点に抑えて勝負はバルセロナを4−1で破ったホーム戦と見込んでいるはずです。

 

よって今回は守備的な布陣で来るローマ勝利の確率はかなり低いと見ています。

 

戦術的にローマは守備をガッチリ固めてボールを奪ったらカウンターで攻め込み、またはフィジカルに優れたFWジェコにどんどんロングボールを入れる戦術で来る事が予想できます。

 

しかしリヴァプールのセンターバック2人は、世界一当りの激しい過酷なリーグと言われるプレミアでしのぎを削ってきている屈強な肉体を持つファン・ダイクとロブレンの2人なのでジェコに競り負ける心配もありません。

 

一方リヴァプールが勝ち切るには、やはりエースのサラー選手の活躍次第といったところです。

 

サラーとマッチアップが予想されるローマの左サイドバックのコラロフ選手は、精度の高いキック力を武器とする攻撃力には定評がありますけど、スピードも平凡で守備に難がありますから、高速ドリブルを得意とするサラー選手にはチャンスかもしれません。

 

この試合の勝敗の行方を左右するサラーVSコラロフのマッチアップに要注目です。