エールディビジ第34節「ヘーレンフェーンvsフェイエノールト」

 

エールディビジ第34節「ヘーレンフェーンvsフェイエノールト」が5月6日にヘーレンフェーンの本拠地アーベ・レンストラ・スタディオンにて開催となります。

 

リーグ7位ヘーレンフェーンと4位のフェイエノールトとの一戦、順位で比較すればフェイエノールトが格上ではありますが、両チームの順位に大きな開きはなく共に直近の成績は素晴らしいのでこの試合は接戦が予想されます。

 

前回フェイエノールトのホームで対戦した時は1−1の引き分けに終わっていますが、今回はヘーレンフェーンのホーム戦。

 

ヘーレンフェーンがホームアドバンテージを活かしてどこまで格上フェイエノールトに迫れるのか?監督の采配を含め勝敗の行方はこの一点に絞られています。

 

日本人選手の小林祐希を含めたヘーレンフェーンイレヴンの奮闘に期待しましょう。

 

ではこの試合の勝敗オッズをブックメーカー3社から見ていきます。

 

ブックメーカーnetbet

ヘーレンフェーン勝利 3.05倍、引き分け 3.65倍、フェイエノールト勝利 2.15倍、

 

ブックメーカーw88

ヘーレンフェーン勝利 3.05倍、引き分け 3.65倍、フェイエノールト勝利 2.15倍、

 

ブックメーカーbwin

ヘーレンフェーン勝利 3.00倍、引き分け 3.80倍、フェイエノールト勝利 2.20倍、

 

現在のオッズを見ると、やはり地力に勝るアウェイのフェイエノールトが優勢となっているようです。

 

流石はオランダの3大ビッグクラブの1つに数えられるフェイエノールトと言ったところでしょうか?

 

クラブの規模、格式と伝統、選手獲得に使える予算、どれを取ってもヘーレンフェーンよりも格段に上の存在であることは間違いありません。

 

両チームとも直近の成績は良好ですが、フェイエノールトは現在7連勝中と今シーズン一番と言える状態となっています。

 

特にフェイエーノールの攻撃陣は素晴らしく7連勝中の6試合で3点以上奪って勝利を挙げていますからヘーレンフェーン守備陣にとって脅威でしかないです。

 

一方ヘーレンフェーンも前節こそ敗れはしたものの、それまで5戦して負けなしの3勝2引き分けと好調を維持していました。

 

ヘーレンフェーンも悪くはありませんが、ただやはり直近の成績が絶好調のフェイエノールトに今回は分があると思いますので、人気通り素直にフェイエノールト勝利を予想したいと思います。