ロシアW杯グループステージ・グループB第3節「イランvsポルトガル」

 

ロシアW杯グループステージのグループB第3節「イランvsポルトガル」が6月26日にモルドヴィアアリーナにて行われます。

 

グループリーグ2戦を終え1勝1敗と3戦目の結果次第でグループリーグ突破の可能性を残すイランがスーパースターのロナウド擁するポルトガルと対戦します。

 

ポルトガルもイランと同じく3戦目の結果次第でグループリーグ突破が決まる現状ですから前半から勝ちに来るサッカーをしてくるはずです。

 

本気のポルトガルとアジア最強と言われるイランの対決は日本人にとっても見ごたえのある試合になること間違いないです。

 

では「イランvsポルトガル」の勝敗オッズをブックメーカー3社から確認していきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

イラン勝利 6.10倍、引き分け 3.74倍、ポルトガル勝利 1.72倍、

 

ブックメーカー10bet

イラン勝利 6.00倍、引き分け 3.55倍、ポルトガル勝利 1.68倍、

 

ブックメーカーnetbet

イラン勝利 6.00倍、引き分け 3.55倍、ポルトガル勝利 1.68倍、

 

現在のオッズを見るとやはりポルトガルが優勢となっています。

 

両チームのFIFAランキングを比べてもイランが37位、ポルトガルが4位なので両チームの実力差は大きいと見るのが妥当です。

 

過去の対戦成績でもポルトガルの2勝ですからイランがポルトガルに勝つことは難しいと考えるのが自然な流れと言えます。

 

ただポルトガルが初戦で3−3の引き分けとなったスペイン相手にイランは0−1と善戦していましたし、個人的にはイランはポルトガル相手にも善戦すると見ています。

 

スペイン戦のイランは前半から守備を固めてスペインの攻撃を完璧に封じていましたし、後半に不運にも失点した後、守備固めの戦術から同点ゴールを狙う戦術に変更してからもスペインと互角以上に渡り合っていました。

 

なので今のイランは世界トップクラスのチームとも互角以上に戦えるチームだと確信しています。

 

しかもイランのカルロス・ケイロス監督はかつてレアル・マドリード率いていたこともある名将のポルトガル人です。

 

イラン代表を率いる前はポルトガル代表監督も務めていましたから、現在のポルトガル代表の中心メンバーのことは知り尽くしている人物となります。

 

イランがポルトガル相手にジャイアントキリングを達成する下地は十分整っているわけなので、オッズの低いポルトガルよりもイランに賭けてみる方が夢があると思います。