ロシアW杯3位決定戦「ベルギーvsイングランド」

 

ロシアW杯3位決定戦「ベルギーvsイングランド」が7月14日にサンクトペテルブルクスタジアムにて行われます。

 

3位決定戦の顔ぶれは、グループステージのグループGにおいて1位と2位のチームとなりました。

 

グループリーグの直接対決では、ベルギーが1−0で勝利しグループ1位となりましたけど、この時はベルギー、イングランド共にグループリーグ突破がすでに決まっていた状態のいわば消化試合だったので参考外と言えます。

 

ただW杯の3位決定戦と言えども、優勝を目指して頑張ってきた両チームの選手たちだけに、今更3位争いに対して勝利へのモチベーション低下は否めないと思います。

 

強いて言うならイングランドのケインとベルギーのルカクによる得点王争いは注目に値するでしょう。

 

勝利を手にしチームのエースを得点王に輝かせることが出来るのはどちらになるのか?

 

両チームともに若い選手が多く次のカタールW杯でも活躍が期待できる選手ばかりなので、次回W杯に繋げる名勝負を演じて欲しいと願います。

 

では「ベルギーvsイングランド」の勝敗オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ベルギー勝利 1.61倍、イングランド勝利 2.25倍、

 

ブックメーカー10bet

ベルギー勝利 1.62倍、イングランド勝利 2.30倍、

 

ブックメーカーnetbet

ベルギー勝利 1.60倍、イングランド勝利 2.25倍、

 

現在のオッズを見ると、ベルギーが優勢となっています。

 

両チームのFIFAランキングを確認すると、ベルギーが3位でイングランドが12位ですからランキング上ではベルギーが格上ですからオッズは妥当とも言えます。

 

W杯が始まる前の期待値ではベルギーの方が大きかったですし、イングランドはグループリーグを突破できれば御の字程度でしたから、ここまで来れたことに驚きさえ感じます。

 

しかし過去の対戦成績を見ると、イングランドの15勝2敗5引き分けと圧倒的にイングランドがベルギーに勝ち越していることが分かります。

 

グループリーグではベルギーに遅れを取ったイングランドでしたが、リベンジ達成も十分可能と言えます。

 

ただベルギーが近年強くなった理由として挙げられることが、アザール、クルトワ、デブライネなど現在の主力選手がビッグクラブで活躍してからなので、過去の対戦成績ではイングランドが優勢ですけど今回の試合において参考になるとは言い難いです。

 

よって今回は人気通りに総合力で勝るベルギーが勝利すると予想いたします。